DIY

キッチンのDIY ① 下調べ編

間に合わせ的に整えたキッチンをDIYする事にした。

ぐっちゃぐちゃ。

改めて写真に写すと、ダサくて汚いから笑った。正面の白い棚はパソコン収納棚だったのを再利用しているんだ。それすら忘れてた。「勿体ない」「まだ使える」思考が逆に使いにくくしていたと気づく。

何せ、相変わらず目玉のある生き物が食べられないんだ、お惣菜買えないのなら、ひたすら自炊をする他ない。

ただ、あと2年住むか住まないかの賃貸物件。もったいないお化けがでそうではあるが、導線が整っていたりお気に入りのグッツで固められていたら台所に立つ頻度が上がるだろうと、本来せっかちで今日の明日に完成させようとする私が今回は念入りに計画を立てた。

雰囲気と勢いと失敗と無駄ばかりの過去からの歴史を自分の中で覆したいのも目的の一つ。

まずは、「理想のキッチン像」を書き出した。

使いやすい・シンプル・透明感・本物の道具・白・シルバー・黒・茶・ガラス

続いて「今ある道具やストック」を全て書き出す。

まな板・包丁・お玉・ざる・ボールetc・ストック全て、あらゆる物

理想は新しい収納棚を購入する事だけど、5万円以上する。今回はできうる限りコストを下げる為、棚の購入を諦め、見せる収納棚をDIYする事に決定。

そしたらパソコン収納棚が要らなくなった。いひひ、捨てたろ。粗大ごみの手配をしながら気がついた。勿体ない病を前向きにだ。

ゆうても、キレイに使ってるんだよ、まだ十分に使える。誰かに使ってもらおうと、「ジモティー」サイトを思い出し、早々に3,000円で是非と、投稿してみた。

各々の角度からの写真を5枚とサイズや諸条件をしっかり記載。そしたらその日すぐに引き取り手が決まって大喜び。ジモティー助かる!

次は

レイアウト決めの為の採寸

図面は引けず、遠近法を無視した図を必死で描き、サイズを測る。

とにかく失敗と無駄を避けたいもん、面倒だったがホームセンターに下調べにも行った。

なんでもかんでも書き込んだ。(自分だけが分かればいい)

 

実物に触れて気持ちが変わる事もあるしね。

棚一つ作る為の

材料・値段・サイズ・見た目・を下調べ。

ホームセンターはやはり、豊洲のスーパービバホームが総合的に種類も豊富なので一度で済むかな。

豊洲駅っておもろいね、ホームの中にもう一本道があるんだ、混むって事だよね。

こんなんや

予定していなかった良いのを発見できたり

見本も飾ってあるし想像しやすくてど素人にはありがたい。

板をカットしてもらう為の用紙のチェックもしてきたよ。

依頼書の描き方分からないもん。

つづく…

ホームセンターたのちかった。

 

 

 

 

 

POSTED COMMENT

  1. […] キッチンのDIY①下調べ編の続き […]

  2. […] キッチンのDIY① 剥がせるシール壁紙でDIYの続き […]

  3. […] キッチンのDIY①下調べ編の続き。 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です