日記

事情がわかれば世界がみえる

 

↑の書籍の著者は池田克彦さんと言う第88代警視総監を務めた方。警視総監ってすんごいよね。とても私ごときの庶民が直接お会いする機会なんぞ皆無の方。そんな池田さんから直接この楽しすぎる書籍をプレゼントしてもらえる機会に恵まれた。

丁度社会時事やらを学んでいる私にはもってこいの書籍が左側の「うんちくコラム総集編」だ。

サブタイトルにある「事情が分かれば世界がみえる」が、もうまさに今の私にドンピシャのヒット!目次を見ただけでワクワクしちゃう。

で、読んでみた。あたしさ、ほんと、学びが貧弱なもんだから、知らない事ばかりなワケ。皆がとっくに知ってる事も知らない。な、もんだから知る事が愉しくて仕方なくて、毎日興奮しっぱなしで、サブタイトルにある通り、事情が少しでも分かってくるとこんな私にでも世界が見え始めてきている。

て、知れば知るほど「この世の真理」が知りたくなってきた。

元々知識は乏しいけども、一旦、小さい頃から信じてきた多くの知識をフラットにしてみてる。そうしないと、入ってこないのよ。で、思い込みを外して入れ始めると、これまた興奮する事ばかり。

地球は丸いと信じていたのが、実は平面かも?とか、性善説こそカモフラージュ?重力は無い?太陽と月ともう一つある?神・悪魔?塩不足は血圧不良おこす?牛乳は骨粗鬆症の原因になる?信じるを排除?とか・・・あらゆる方面から。。

都市伝説とか陰謀論みたいな話にもなってきちゃって、で、その都市伝説や陰謀論って言葉すら、なんなん??ってなってて面白い訳。

池田さんの書籍を読んで知ったのは、聖書ってキリストを信仰する人が読むものだと思っていた浅はかな私な訳だけど、違うんだね。世界を知りたかったら聖書を読むと色々多くが見えてくるらしくて、書物として一般的に読まれているだなんて、あたしゃ、これっぽっちも知らなかったよ。世界一のベストセラーなんだって。日本ではそうは言ってもまだまだ浸透してないよね。信仰ってだけでマイナスイメージでおしまいにしてたからな。

これぞ、自分の世界観を小さくさせてきた思い込みって奴だ。

聖書を読むまでにはまだまだ至らないし、一生読まないかもだけど、自分の浅はかさを知ったからには、一旦、この星は球だと教わってきたが、本当は平面か?との感覚から見ても面白いのかもしれないなって。学校で教わった、社会の多くの人がそう言った。っていう事すら、フラットにしてみてるの。

ぶっちゃけ、地球は丸かろうが、平面だろうが、どちらでも良くて、もし、地球は球体ではなく平面だったとしたら、惑星も宇宙もなんもかんも、意味が分からなくなるでしょ?そんなんあり得ないよって鼻で笑ってバカにして終わりだったけど、それを、終わりにしないで、おっ?違う可能性もあるの?って妄想するのがめちゃくちゃ、おもしろい。

誰かと討論したい欲求は全くないから、どこかのグループに属する事はしたくないし、できないし、一人勝手に、もし、この星が平だったらと想像するだけで、物理学を学びだす自分が現れるのよ。それが面白くて。

で、もっと調べていくと、地球は丸いか平面か、で、争いが起こってたりするんだって知るのよ。

えっ!!!ってなるじゃん。

俺が正解、私が本当、とかの争いなのかな?ってなって、ん???もっと意味わからんってなって、今度は社会の人間の世界の特性みたいなのにも興味が出てきて、なになに??歴史はどこから始まってこんなんなってるの??って歴史を調べちゃったりして。

もう、時間、足りないよね。

身体の不思議、食べ物の不思議、化粧品の不思議、教育の不思議、たっくさん出てくるもん。

そもそも私はスピリチュアルも占いも神社も信じていないのね。だからこそ興味があって、一度のめり込む時期を自ら作ってた。でないと、わからないじゃん。

で、私なりに調べていて、自分の感覚で見ていくと、結構、あれぇ・・・今まで信じて教わってきてる事、それ、利益の為だけだったかぁ。。。とか、悲しい現実もでてきちゃってて、仕事柄、お化粧品だって私は売れたら売上が上がる訳だから、助かるけど、

うーーーーん。。。もっと厳選して調べて紹介できるくらいにならないと、だめじゃん。ってなってて、でも、そんな商品なかなか見当たらないし、あ、これ、良いのでは?って思うと、利益率が低すぎて、儲けにならないじゃん。おぃおぃ。ってなって、

金儲けの為に社会の商品開発がなされている現状もあるのかーーくそぉーーんじゃ、どうすんじゃーーい。とか、なるけど、それも、たのしい。

あぁ。。今日もおもろい。

 

池田さんのユーチューブみっけ!今度あったら、伝えよう!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です